ハからはじまる略語一覧

看護に役立つ略語じてん > ハ行 > ハからはじまる略語一覧

ハからはじまる略語一覧


→→→書き込みがあっても大丈夫!いらなくなった看護学などの教科書や雑誌を高く買ってくれる専門書の買取サイト「メディカルマイスター」はこちら



肺炎(はいえん)

細菌の感染によって肺に炎症が起き、せき、発熱、悪寒、胸痛、喀痰、呼吸困難などを生じる病気。高齢者は免疫力が弱いので重症化、死亡の原因になることも多い。

バイオプシー

生検のことで、体の組織や臓器の一部を採取して検査する。

徘徊(はいかい)

認知症の患者がはっきりとした目的がなく、あてもなく歩き回ること。

敗血症(はいけつしょう)

炎症原因である細菌が、持続的にまたは間欠的に血液中に入って重篤な全身症状を起こす状態。

バイタルサイン

生命の徴候。体温や呼吸、血圧、脈拍がこれに相当する。

ハイドロ

複合語の形で用い、水や水素に関することを表す。

ハイパーテンション

英語で高血圧のこと。極度の緊張状態を指す場合もある。

廃用性症候群(はいようせいしょうこうぐん)

寝たきりなどで、体を動かさない生活が長く続くと、筋肉が萎縮し関節が硬く固まってしまったり臓器の働きが低下してしまうこと。

パーキンソン病

神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少する事で起こると考えられている疾病。手足のふるえ(振戦)、手足のこわばり(固縮)、動作が緩慢(寡動、無動)、転びやすくなる(姿勢反射障害)といった症状があらわれるのが特徴。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)

まぶたにあるマイボーム腺やまつ毛の根もとの脂腺の急性化膿性炎症。俗にいう「ものもらい」のこと。

バッカル錠

臼歯と頬の粘膜の間に含ませて唾液でゆっくり溶かして口腔の粘膜から吸収させる薬。

抜管(ばっかん)

体内に挿入された管を抜くこと。

バッキング

呼吸器装着中、咳嗽により不調和を起こしている状態のこと。

白血球(はっけっきゅう)

骨髄の中にある造血組織から作られる骨髄性の細胞のこと。血液1ml中に6,000~8,000程度存在する。

抜糸(ばっし)

縫合した糸を抜き取ること。

パルスオキシメーター

脈拍数と酸素飽和度(SpO2)を簡易的に測定できる医療装置で、指や耳に挟んで使用する。


もうちょっと気軽に働きたい、もっと自由に休みを取りたい、単発バイトで稼ぎたいなら看護師派遣がおすすめ! →→→ 徹底サポートの看護師派遣なら!【看護のお仕事派遣】






ランキング表示用ウィジェット