排泄介助(はいせつかいじょ)

看護に役立つ略語じてん > 看護技術 > 排泄介助(はいせつかいじょ)

排泄介助(はいせつかいじょ)


→→→書き込みがあっても大丈夫!いらなくなった看護学などの教科書や雑誌を高く買ってくれる専門書の買取サイト「メディカルマイスター」はこちら



排尿排便行動には、トイレまでの歩行、衣類のあげおろし、陰部の拭き取り、手洗いなどがあり、それらのいずれかを自分ではできない場合に介助すること。一人では排便や排尿できない人に、便器や尿器、オムツなどの用具を用いてベッド上で排泄または排尿できるようにすることを含む。羞恥心が生じるために、プライバシーに配慮する。 排泄の介助は、看護師として当たり前に実施する行為で与えられた役割であり、請け負う仕事のひとつです。看護師には、排泄介助を「やってあげている」と意識はないとしても、患者にとっては看護師に「やってもらっている」「迷惑をかけていて申し訳ない」と、介助を受けなければならない弱者であることを突きつけられるものである。そのため、場合によっては患者から一回五千円という対価に見合う仕事に判断されることも。患者にとってみれば、排泄の介助によって損なわれる人としての尊厳をカバーするために、お金を持ちださなければ気が済まないくらいの心境になるということを、肝に銘じておかねばならない。

もうちょっと気軽に働きたい、もっと自由に休みを取りたい、単発バイトで稼ぎたいなら看護師派遣がおすすめ! →→→ 徹底サポートの看護師派遣なら!【看護のお仕事派遣】






ランキング表示用ウィジェット