新人看護師が気をつけなければならない身だしなみ

看護に役立つ略語じてん > 新人ナースのトリセツ > 新人看護師が気をつけなければならない身だしなみ

新人看護師が気をつけなければならない身だしなみ


→→→書き込みがあっても大丈夫!いらなくなった看護学などの教科書や雑誌を高く買ってくれる専門書の買取サイト「メディカルマイスター」はこちら



人の第一印象は、見た目で決まります。

看護の仕事に携わる際に身につけるのが白衣です。白衣を着ているあなた自身は鏡で見てどう映りますか?病院という職場で働くので、白衣姿は美しく清潔感がある身だしなみを心がけましょう。白衣を美しく見せるには、髪型や化粧、立ち居振る舞いにも気を使ってください。化粧は健康的な印象になるように、髪の色は明るすぎるものは避け、前髪が長い場合は、髪が顔にかからないようにピンなどで留めて清潔さを保つようにします。

当然ですが、髪をまとめずにのばしたままで勤務するのはよくありません。髪はまとめておきましょう。髪がのびているとついつい手で髪を整えたくなり、その行為が不衛生なので、清潔を保つべきナースとしては不適切です。きちんとした身だしなみは、まわりの人に安心感と信頼感を与えてくれます。

また、髪型を含め身だしなみを整えることは、単に作業の効率性や衛生面の都合だけではなく、本人が気持ちを引き締め、プライベートと職場とのメンタルな切り替えをするスイッチの役割があります。

とはいえ看護師という職業は、生活は不規則で多忙だけではなく、深刻な事態にも日々直面する大変シビアな職業です。夜勤もきつく、夜勤明けは心身共に疲労していることでしょう。ついつい、気持ちが緩んでしまい、身だしなみや態度が疎かになってしまうかもしれません。

キャビンアテンダントは、看護師と同様に女性のあこがれの職業です。彼らは、厳しい訓練を重ねることで、自分たちの職業を常に憧れの対象にできているといえます。それは、身だしなみであり、接客を仕事とする者としての立ち居振る舞いや話し方など「見た目」が憧れの対象になっているのです。看護師も多くの研修や勉強して国家試験をパスして手にした誇るべき職業です。

だからこそ白衣を着たあなたは看護師のプロの一人として、夜勤明けで疲れていてもさわやかな笑顔と涼やかな声で患者さんに「おはようございます」と声をかけましょう。看護師のプロとして、どんなに疲れていても身だしなみには心を配りましょう。

看護の対象には様々な年齢や世代の方がいます。自分たちにとってはなんでもない当たり前の言動や行為が、他の世代に対しては非常識な行動に思われてしまうことは、よくあることです。そのためにも、ナースとしての誇りを持ち、自分の見た目にも気を配る余裕をもつ意識こそが、患者さんや医師、同僚や病院関係者から信頼を得ることができ、充実した仕事に長く続けることにつながるのです。



もうちょっと気軽に働きたい、もっと自由に休みを取りたい、単発バイトで稼ぎたいなら看護師派遣がおすすめ! →→→ 徹底サポートの看護師派遣なら!【看護のお仕事派遣】






ランキング表示用ウィジェット