雑誌に新しい手順が解説されているけど真似してもいいの?

看護に役立つ略語じてん > 新人ナースのトリセツ > 雑誌に新しい手順が解説されているけど真似してもいいの?

雑誌に新しい手順が解説されているけど真似してもいいの?


→→→書き込みがあっても大丈夫!いらなくなった看護学などの教科書や雑誌を高く買ってくれる専門書の買取サイト「メディカルマイスター」はこちら



エキスパートナースなどの看護師向けの雑誌に新しい手順が解説されていた場合、その新しい手順を取り入れていいかと尋ねられれば、基本的にはノーです。看護師個人としては、勤務している病院内で定められた基準や手順を遵守すべきであり、新しい知見が合った場合、勝手にやり方を変えるのではなく、定められている基準や手順のアップデートを考えるべきです。

そのためにも、自分の病院の基準や手順をしっかりと理解したうえで、その新しいやり方によって何が具体的によくなるかという根拠を明確に示すことが大切です。とはいえ、新人ナースにとって、最優先事項はまわりに迷惑をかけないように、まずは自分の勤務している病院の定めた基準や手順をしっかり頭に叩き込んでおきましょう。

雑誌やインターネットには、言うまでもなく情報が氾濫しています。このような中から本当に有用な情報であるかを選びだして、病院内の手順見直しにつなげていくには、「本当に実践につなげることができる理由や根拠があるのか?」を常に考え続けながら見極めることが大切です。他の病院で効果的であった方法だったとしても、あくまでもその病院内での経験則でしかないということはよくあることなので注意しましょう。

また看護手順は、基礎看護学として学生の頃に学んだ看護技術が基本となっています。病院ごとに医療安全の確保や、患者および家族への説明と助言、的確な看護判断と看護技術の提供という観点に基づき、到達目標を示して新人ナースが必要とする看護技術が習得できるよう作成されています。それらを十分に活用して、あなた自身が学んできた基礎知識と比較・確認しながら現場に即した生きた看護技術を学びましょう。



もうちょっと気軽に働きたい、もっと自由に休みを取りたい、単発バイトで稼ぎたいなら看護師派遣がおすすめ! →→→ 徹底サポートの看護師派遣なら!【看護のお仕事派遣】






ランキング表示用ウィジェット